0120-71-4000

本当に学力が伸びる理由
一人ひとりを見つめた、丁寧な指導
本当に学力が伸びる理由
一人ひとりを見つめた、丁寧な指導
「赤門のライブ授業」「東進衛星予備校の映像授業」の最強タッグ
「赤門のライブ授業」
「東進衛星予備校の映像授業」
(校舎は足利校です)

1.赤門セミナーの授業で伸びる!
 赤門セミナーの授業は、ライブならではの熱気と刺激で、忘れたくても忘れられない!
一人ひとりを見つめた、丁寧な指導
ユーモアあふれる楽しい授業
妥協なきカリキュラムと熱意で受験生を強力にバックアップします!
 
2.実力講師陣
赤門セミナーの講師陣は、生徒の受験勉強を長年にわたり成功させてきたプロフェッショナルです。生徒一人一人に最適なテキスト、勉強法、そして生徒がつまずきやすいポイント、その攻略法を熟知しているので、授業のわかりやすさと効果は折り紙つきです! 
「なぜそうなるのか?」「どう考えればいいか?」にとことんこだわる授業は、あなたの理解を深めてくれます。
  
3.東進衛星予備校の高速学習
生徒一人ひとりのレベル・目標に合わせた学習が可能なので、克服したい弱点、より強化したい科目などを繰り返し受講できます。
また、習ったことを確実に自分のものにすることができるよう、授業後すぐにテストを行い内容が身についたかを確認するオンラインテストがあります。理解の徹底を繰り返し、学力を高めます。
 
4.予備校部の同期生
予備校部の友人と刺激し合い、団体戦のように受験に挑みます。


 
春の低山ハイキング
予備校部 女子専用自習室(靴を脱いでリラックスできます)
 
予備校部 女子専用自習室
(靴を脱いでリラックスできます)
 

 
 予備校部 合格実績

 予備校部 合格実績

 
「ツラさを乗り越えて次のステップへ」

「ツラさを乗り越えて次のステップへ」

大分大学医学部 
石岩 寛鷹さん(太田高校出身)
 
 英語は未環子先生の授業をずっと受けていました。英文を深く読む、理解する能力はとても身に付いたと思います。課題の量が辛いと感じることがあるかもしれませんが、それを乗り越えれば変化を感じると思います。数学は主に岩佐先生から教えてもらっていました。質問してわから ないまま終わった問題はありません。色々な考え方を教えてくれるため、考えて解くようになったと思います。物理は前橋先生の受験物理を受講していました。1 年前の記述偏差値 39 だったのですが、根本の考え方を噛み砕いて教えてくれたので嫌悪感なく、すんなり理解できるようになったのだと思います。
 
〜加藤未環子より
石岩くんは、予備校部の自習時間、よく他の友達に数学を教えていました。友達に教えることで、自分の理解が深まると言っていました。全くその通りなのですが、なかなかできることではありません。
「自分の勉強時間が減ってしまうだけではないか?本当に、自分の勉強にもなるのか?」と怖くなってしまう方も多いと思います。
しかし石岩くんは実行する勇気と、広い心をもっていました。
一年間の猛勉強の末、成績を飛躍的に伸ばし、見事、国立大学の医学部に合格しました!きっと広い心をもった立派なお医者さんになるはずです!

 
「充実の一年」

「充実の一年」

早稲田大学社会科学部・上智大学法学部 
去田 淳さん(足利高校出身)
 
第一志望の早稲田大学社会科学部に合格しました。この合格は決して自分ひとりの力ではなくて、赤門に入塾し、数多くの先生方にお世話になった結果だと思っています。というのも、私の入塾時の英語・国語・世界史の三教科の偏差値はどれも50に届いていませんでした。しかし、各教科自分自身の性格や個性に合わせた勉強法を勧めていただき、一年を通して勉強をし続けることができました。定期的に模試で自分の学力が向上していくのを実感しながら勉強することができたので、今振り返ると、とても充実した一年を過ごすことができたと思います。また赤門では、学力面だけでなく、先生方や周りの人たちとの関係を通じ、人間としても成長できたと思います。赤門に入って本当に良かったです。

赤門セミナー講師の体験談
「知人の子供を預かって・・・」

赤門セミナー講師の体験談
「知人の子供を預かって・・・」

九州大学工学部合格
A・Kくん(佐野高校出身)の場合
 
実は私の娘が以前Kくんと彼の妹さんにとてもお世話になっていたのです。Kくんが浪人することになり、赤門セミナー予備校部に入学するということを聞き、うれしく思うと同時に少し複雑な気持ちになりました。先生と生徒がお互いに家庭を知っていると、生徒にとっては成績や学力をあまり知られたくないという気持ちも働くので、あまりなついてもらえないのでは?と思ったからです。ところが彼は、私の教えている教科に重点を置いて勉強をしてくれました。授業では一番前の席に陣取り、講義をすべて吸収しようとし、質問も人一倍し、化学においては確実にクラストップの学力をつけました。他の教科・科目も軒並み成績上昇し、志望校は上方修正となりました。センター試験が終わって自己採点の時、彼に「どうだ?化学は満点か?」と聞いたところ易問を一問間違っていました。「これ授業でやりました?」と聞いてきたので、「授業ではやってないけど、中学の範囲だからなぁ」というと、「じゃあ無理!」と。実は彼、中学まで勉強といえる勉強はしてなかったようです。冗談で「生涯唯一の満点チャンスを逃したか。もう一年頑張って満点ねらうか?」というと、「遠慮しておきます!」とのこと。国立受験は九州大と横浜国立大で悩みましたが、二次に化学がある九州大に出願。さらには受験した私立大全部と、防衛大学校も合格。知人の子でありながら、私の指導に真面目についてきてくれたことに感謝しています。