0120-71-4000

2022年合格体験記

京都大学法学部 合格   早稲田大学法学部 合格
服部 杏美 さん (四ツ葉学園中等教育学校) 
 私は中学一年生の冬に入塾しました。中学生の頃は、勉強が出来るようになりたいけれど具体的に何をどうしたら良いか分からなかった私を赤門セミナーの先生方は正しい方向に導いてくださいました。  
 英語の鈴木先生の授業は非常に論理的で、感覚に頼ることなく確実に正しく英語を読み理解することを学ぶことができました。高校3年生になり、英語は未環子先生の授業を受けるようになりました。未環子先生は英文をどう読み解釈するか、どのように表現するべきかなど受験勉強だけに収まらない教養を教えてくださいました。また、精神面でも非常に助けられました。数学は高橋先生に教えていただきました。数学が大の苦手だった私に丁寧に、何度も教えてくださった高橋先生には感謝しかありません。世界史は岡村先生に教えていただき、ただ教科書を読み覚えるのではない、自ら考え社会を捉え直すための世界史を学ぶことができました。  
 赤門セミナーの先生方は受験のためだけの勉強ではなく、その先も学び続けるために必要な考えや知識をたくさん教えてくださいます。そのため私は受験勉強を通して様々な事を考えることができました。こうして京都大学に合格するサポートを十分すぎるほどしていただいたことは勿論、それ以上に私に社会に対する見方や考え方を教えてくださった赤門セミナーの先生方には感謝でいっぱいです。みなさんも勉強を通して自分や社会に対する考え方や見方を学んでいってください。
 

群馬大学医学部医学科 合格
伊谷野 愛夏 さん (太田女子高校) 
 私は、本格的に医学部受験を意識し始めた高校2年の時に入塾しました。模試で良い成績が出ず、英検準1級もとれないまま高校2年になり相当焦っていたと思います。それでも、初めてのMiwako先生との面談で「この子なら医学部目指せますよ」と言われた時は嬉しかったですし、自分でもまだ行けるのかもというやる気も出てきました。
 それから受験まで、たくさんの先生方にお世話になりました。 文法がボロボロでも熱心に英語を教えてくださったMiwako先生。未熟で説得力も無くつまらなかった私の小論文に対しては、いままでの経験や知識、豊富な語彙力によって色彩を付けていってくださいました。
 いつも「君なら出来る、頑張れよ」と励ましながら、化学や数学の難しい問題も一緒に解いてくれたり、勉強以外の面白いお話もたくさんしてくださる岩佐先生。
 物理、数学、化学の小さな疑問にも、私が理解できるように0から丁寧に教えてくださり、分からなかった問題の類題を様々な問題集からピックアップし確認までしてくださる遠藤先生。

 学校の先生に見放される程、国語が出来ない私にも、現代文の解き方やなぜ間違えたのかを一緒に確認したり、本文を理解しやすくするためにたくさん例をだしてくれたり、古典常識や古典文法なども歌やゴロなどで楽しく覚えられるようにしてくださる中村先生。
 上記の先生方以外にもお世話になった先生が沢山います。赤門セミナーにいる先生方は生徒の私をよく見ています。そのため、分からない問題だけでなく悩みや進路の事にも真摯に向き合って相談にのってくださいます。医学部という高い高い目標に打ちのめされそうな時も、いつも励まし、悩みを聞いてくれる先生方が居たからこそ私は自信を持って医学部を受験することが出来ました。 高い目標を抱いていても大丈夫!諦めないで頑張れば結果はついてきます!がんばれー

 

大阪大学文学部 合格 国際教養大学 合格 早稲田大学文化構想学部 合格
根岸 可林 さん (高崎女子高校) 
 私が赤門の門を叩いたのは高校2年生の11月、大学の入試勉強にそろそろ本腰を入れようと考え 始めていた頃でした。
 当時、国語は得意科目ではあったのですが、高校生になってからあまり本 を読まなくなったせいもあってか、成績が伸び悩んでいました。赤門の初めての体験授楽の時の 課題が、いきなり論述3題で、思っていたより大変かもしれない、とその時初めて思ったのを覚え ています。けれど、中村先生は、授業の中での対話を通して、丁寧に指導してくださり、最初はな かなか自分の言業で説明できなかった私も、問題文の言葉を自分の言葉に置き換えるというプロ セスに慣れていくことができました。積極的に、東大などの難しい長文論述の課題を出していた だいたことも、実力をつけるいい練習になったと思います。
 中村先生には、国語ももちろんです が、苦手だった数学のため岩佐先生や平野先生を紹介していただいたりと、本当にさまざまな面 でサポートしていただきました。論述への抵抗感が減り、国語が安定していい成績がとれるよう なったのは、中村先生のご指導のおかげだと思います。本当に、ありがとうございました。
 

2021年合格体験記

群馬大学医学部医学科 合格
佐藤 辰 さん (愛光高校)
 コロナ休校期間の3ヶ月は、ほぼ毎日赤門に通い、個人教授を受けました。赤門は僕が小学生の時、愛光受験のために通った懐かしい塾です。文系だった私は、4月から理転して医学部を目指すことにしていたのです。理系の知識がほぼゼロの状態からスタートした私ですが、遠藤先生や岩佐先生は理系の理科と数学を基礎の基礎から丁寧に指導してくださいました。
 また、英語を指導してくださった未環子先生は、勉強の部分だけでなく進路の相談や直前期には面接も親身に力になってくれました。6月1日に高校の寮が再開し愛媛に戻りました。
赤門での3ヶ月があったのでその後も理系クラスに問題なく付いていくことができ、関西医科大学と群馬大学の医学部に現役で合格することができました。数学III、物理、化学を超基本から受験レベルへ一気に引き上げる授業を提供してくれた赤門には感謝の思いしかありません。
後輩のみなさんにアドバイスです。
①長時間ダラダラ勉強してやった気になるよりも、短時間でもやることを決めて集中して取り組む 
②心が折れないように、自分に自信を持つ この2つです。みなさんも、行きたい大学に合格できるよう頑張ってください!!
【遠藤先生より】明るく素直で人柄の良さも勝因だったと思います。
 

日本大学医学部医学科 合格
獨協医科大医学部 合格
金沢医科大医学部 合格

金子 宗叡 さん (佐野日大高校) 
 私自身、人に自信を持って受験勉強をしたと言える実感はないので、受験期に漠然と考えていたことを書き連ねることで合格体験記としたい。これから受験をする後輩たちの心のあり様に少しでも貢献出来たら嬉しい。  
 私のような私立医大を目指す人間というのは、ある意味特殊な人種であると思う。私は開業医の長男である。幼少期より家庭環境の面で医師を目指すのが当たり前で、逆にそうでないのであれば、それ相応の理由と代替案が必要である。世間体、プライド、親孝行。幼少期に何も考えず医師になると発言してしまっているものだから、旗を降ろしずらいなど。どうでもいいことに取り憑かれている人間だ。  
 これが本当に自分の希望した進路なのか。親の2周目をプレイしているのではないか。そういった疑問と葛藤する2年であり、それと向き合うことが私の受験期だったように思う。  
 受験期は大学入学を目指し勉強するのはもちろんだが、それだけではないと思う。だから、これから受験に進んでいく後輩たちも、無計画に勉強するのではなく、将来の自分をしっかりと思い描き、過去の自分に向き合って欲しい。正確な将来像をイメージするには、自分がどのような人間であるのかを把握することが必要だ。そして、自分自身と向き合うことによって、人間的に成長することができる。人間的成長なしに勉強しても、根本的な部分での伸びがなく、ただ背伸びしただけになってしまうだろう。
 最後に具体的なアドバイス。私が自分と向き合うためによく用いていた方法は、ニュースに対して自分の考えをまとめることだ。きっと続けるうちに考え方の傾向がわかり、自分と向き合う上での道標になるはずだ。
 

2020年合格体験記

大学受験
◆獨協医科大学医学部医学科
H.Sさん 予備校部 桐生女子高卒  
 現役の時は基本的な事項も押され切れておらず、医学部合格には程遠い状態でした。しかし医師になるという幼い頃からの夢を諦めたくなくて、浪人することにしました。そこで、色々な予備校を検討した結果、私は赤門の個人教授を選びました。自主学習を中心とし、週一回の授業で自分の問題点とその解決策を考えていく学習スタイルが私に合っていると感じたからです。  
 赤門の先生は皆フレンドリーで面白く、授業も分かりやすいので、受験勉強で気持ちが沈みそうな時も心の拠り所となって下さいました。  
 数学・化学の岩佐先生は、質問に答えてくださるだけでなく、それと関連した事項や具体例などを教えて下さり、1つの質問から沢山の事柄を身につけることができました。物理の前橋先生は、私の変な思考回路を修正して下さったので、物理の問題の考え方がよく分かるようになりました。国語の中村先生は、国語が苦手な私に、おすすめの教材や文章の読み方、センター試験の解き方を一から丁寧に教えて下さいました。
 英語の鈴木先生が出す課題は、手応えのある問題が多かったですが、その分解けなかった部分を丁寧に教えて下さったので、得意をさらに伸ばすことができました。また、英語で日記を書くと丁寧に添削して下さったので、楽しみながら英作文力を上げることができました。  
 入試シーズンに入り、失敗も多かったですが、その度に赤門の先生方は私を励まし、アドバイスをして下さいました。そのおかげで、最後の入試まで気を抜かずに走り切ることができました。合格を貰った時、医学部に入れたことがとても嬉しかったですし、先生方と悔いのない受験勉強が出来た達成感を味わいました。  
 私は大学の講義を聞く中で、医学の中でも特に魅力を感じる分野を見つけました。今私が希望を持って学問に励むことができるのは、浪人時代、赤門の先生方の存在があったからです。本当にありがとうございました。

 
◆早稲田大学本庄高等学院
 豊島岡女子高等学校・開智高校Tクラス
 
Y.Iさん (太田南中)
 私は、小学5年生の4月に赤門セミナーに入塾しました。四ツ谷教材に取り組んだことで、思考力を身につけるために、とても必要な学習習慣を身につけることができました。 服部先生には、問題を解く上での考え方を丁寧に伝授していただき、思考の基礎を築いていただきました。 数学では、中学に入ってから前橋先生、井上先生、谷口先生、岩佐先生にお世話になりました。 中学2年生の頃には、中学の内容を一通り終え、そこからは復習と応用問題に繰り返し取り組みました。 井上先生には、問題を自身の力で解けるようになるまでとことん解き直しをし続ける根性を叩き込んでいただきました。 前橋先生には、図形など問題の捉え方や解決までの近道を見つける方法をわかりやすく教えていただきました。 岩佐先生には、駿台模試など超難関レベルの問題を解くための力を身につけさせてもらいました。理解の遅い私に何度も解説してくださり、納得いくまで一緒に考えてくださった先生との時間のおかげで数学の楽しさを知れました。 英語では、澁澤先生に教えていただきました。文法や文の構造を深いところまで教えていただき、長文の演習を人一倍こなすことによって読解力をつけ、英検2級も獲得でき自信に繋がりました。3年の後半期には、第一希望の早稲田本庄高等学院よりも上のレベルの過去問の長文を何年分も読み込み、最終的には早稲田本庄の長文にも自信を持って解けるところにまでなりました。 赤門セミナーには、合格へのアプローチの仕方を教え導き、合格するまで一緒に闘ってくださる先生方、体調を気遣い、励ましてくださる事務の方々がいます。 本当に感謝しかありません。これからもさらなる高みを目指せるように赤門セミナーで頑張りたいと思います。

◆群馬中央中等教育学校 合格 
 H.Sさん 

私は樹徳中学校と群馬県立中央中等教育学校を受験して2校とも合格することができました。赤門には小学生の夏から通いました。特に算数が難しくて、分からない問題はいつもありましたが、一つ一つ丁寧に理解していくようにしました。そうすると模試で良い点をとれるようになりました。赤門の四谷大塚クラスでは5年生で小学生の範囲が終わるので、樹徳中学校は特別な受験勉強をしなくても11月の一次試験で合格することができました。赤門で基礎的な力をつけられたので、6年生では第一希望の中央中等の適性検査対策に集中することができました。グラフ分析や環境問題について自分の考えをまとめたり、子ども新聞に目を通したり、過去問を何度も解きました。すると、四谷大塚の小学生テストでの国語の成績も上がり、うれしかったです。いつも赤門では担当の先生が気にかけてくれたことも心強かったです。ありがとうございました。 

◆佐野高校付属中学校 合格 
 Y.Sさん
 
 
僕が、佐野高校付属中学校を目指すと決めたのは、小学6年生になってからでした。試験は、適性検査、作文、面接です。中でも作文が大の苦手でした。最初の頃は、200字書くのがやっとでした。岡村先生が、1文字ずつ丁寧に添削してくださり、先生の赤ペンの文字の方が多いこともありました。毎週出される作文の宿題が、とにかく大変でした。「自分の意見を述べて。自分の体験を入れるといいよ。その時どう感じた?もう少し内容をふくらませて」。気付くと、400字が楽に書けるようになりました。面接では岡村先生のアドバイスを思い出して(1)自信を持って堂々と(2)相手の目を見て、ゆっくり、はっきり、大きな声で(3)佐野中に入学したい熱い思いを伝えることができました。これからスタートする新しい学校生活を楽しみながら、次の目標頑張りたいです。岡村先生、ありがとうございました。  

2019年合格体験記

高校受験
◆菊地 亮太郎くん  太田高校合格
僕は、中学校三年間の赤門の授業を通じて大きく成長したと思います。 中学一年生のときから中学理社クラスの授業を受け続けました。そして、県立入試で必須となる 理科と社会の学習を深め、自分の武器として最後まで僕を支えてくれました。ま た、部 活 動はバスケットボールに所属しており、県大会に出場するなどの成績を収めてることができました。しかし、その分練習はハードで常に疲れていました。そ ん な 良 い と は い え な い コ ンディションの中でも、模試なので高い成績を維持し続けることができました。大変だった部活 動でも文武両道でがんばってこれたのは赤門の効率の良い授業のおかげだと思います。 数学や英語は中学三年生のあたりから高校分野の予習を始めました。この取り組みのなかで特 に大変で印象に残っていることは英検二級の対策講座です。 その中でも冬休みはかなり忙しく、毎日のように多くの宿題が出され、語いの知識の増加や長 文の和訳の練習をしました。 また同時に受験勉強も行いました。とても大変な日々でしたが、英検の勉強は受験にもとても 役 に 立 つ も の に な り 、英 検 二 級 も 無 事 合 格 し ま し た 。こ う し た 、様 々 な 努 力 が 実 り 、僕 は 志 望 校 を合格することができました。でも、一番自分の軸になったのは赤門の先生方の指導だと思い ます。赤門の先生方のおかげで今の自分があると思います。 自分をずっと支えてくださる先生方にこれからも感謝したいです。
 
◆奥抜空翔くん  太田高校合格
私は太田高校に合格するため、中学2生までは赤門セミナーで自分の苦手科目である国語をサポートクラスで勉強し、 中学範囲の予習として数学もサポートクラスで勉強していました。 また、英語はグループ授業で中学範囲を少し先取りした内容を勉強していました。 中学2年生の2学期頃から、理科と社会のサポートクラスや東進の数学の映像授業で、高校内容の勉強もし始めました。 東進の数学の映像授業では、中学校を卒業するまでには、数IIBを終えていました。数IAに比べると、数IIBは当然難しかったです。 その中で一番大変だったのは対数関数でした。なかなか対数の定義が頭に入っていきませんでした。 一番楽しかったのは、三角関数でした。加法定理も楽しいのですが、積和公式や和積公式の方が楽しかったです。 また中学3年生になってから、英語は高校1年生の内容を学ぶグループ授業をとっていました。その授業をとっていたおかげで、 英検2級に合格しました。その際に最も大変だったのは、リスニングでした。 試験直前までずっとやっていましたが、合格点に届いたのはほんの数回でした。でも、あきらめずに勉強して合格しました。 中学3年間、地道に勉強して太田高校に合格することができました。
 
 ◆F・Yさん  佐野日大高等学校 特進α合格
中 学 3 年 生 に な っ て 初 め て の 実 力 テ ス ト で は 、平 均 点 に 届 か な い 教
科 が い く つ か あ り 、受 験 勉 強 を ス タ ー ト し た 頃 は 、塾 で も う と う と してしまうなど、最悪な状態でした。 ここまではい上がることができたのは、高橋先生とサポートクラス で自分なりの勉強のやり方を見つけられたからだと思います。自分のペースで勉強できる赤門の環境が良かったんだなと感じまし た。私は今まで塾に通ったことがなく、最初は塾の授業の85分で すら長く感じました。なかなか成績が上がらなかった時期は本当 に辛かったです。力を入れていた教科の点数がだんだん伸びてい くようになってからは、効率よく勉強できるようになり、無事に合 格することができました。 受験勉強を通して勉強する習慣が身に付いたので、これからもさ らに努力していきたいと思います。
 
 
中学受験
T・A くん 白鴎大学足利中学校 合格 /  佐野日本大学中等教育学校 特待合格
ぼくが赤門セミナーに入ったのは2年生の秋です。全国統一学生テストの後に千栄子先生が「ぜひ教えたい」と熱心に勧めてくれたことがきっかけでした。千栄子先生は、親身になって分かりやすく教えてくれるので楽しく勉強が出来ました。 4年生になりテキストが予習シリーズに変わり内容が難しくなりました。授業の進みが早く、宿題も増えて大変でした。 しかし、中村先生が丁寧に教えてくれたので、続けられました。 5年生の秋からは、赤門のカリキュラムで先取りの数学を始めました。 「数学中毒になれるよ」が口ぐせの鈴木先生から教わる数学は難しいけれど面白くて楽しいです。授業の初めには見直しテストをしてくれるので、しっかり覚えられます。 また、6年生で始めた英語は難しくて大変でした。でも、石川先生の厳しいけれど面白い授業で頑張れました。6年生の夏は中学受験のスペシャリスト高橋先生と受験対策講座で過去問に取り組みました。そして佐日中の特待と白鴎中に合格できました。 ぼくは、赤門の先生が、低学年の時は四谷リトル、4年生からは予習シリーズなどで勉強の基礎をしっかり教えてくれたから『継続する力』を身に付け、合格できたと思っています。 熱心に教えて下さった赤門の先生に感謝しています。 これからも赤門の先生と一緒に次の目標に向かって頑張りたいです。
 
N・Hさん  佐野日本大学中等教育学校 特待合格 
私は全国統一小学生テストを受けたのがきっかけで、小3の夏から赤門セミナーに通い始めました。使用していた四谷大塚のテキストはとても難しい問題が多かったのですが、予定を立てて宿題をこなすことで乗り越えることができました。私は計画を立てて進めるのが好きなので、お稽古ごとや家の手伝いをできるようにスケジュールを作り、その通りに進めていきました。赤門の先生は宿題の管理などで私の自主学習を手伝って、応援してくださいました。あきらめずに根気強く解くこと、一つ一つ確実に覚えることを流れの中で学ぶことができました。「苦手なところをもう少し時間を空けて、もう一度考える」習慣も、この中で身に付けました。 そうした学習の中で、中学受験という目標ができました。6年になり本格的に受験勉強になったとき、それまでに進めてきたことが自信となり、焦ることなく取り組むことができました。その結果、佐日中に奨学生特待で合格することができました。 四谷では理社もやってきたので、4科目で受験にチャレンジし、手ごたえも感じることができました。 赤門の理社の授業は、高橋先生が毎回のように実験をやって見せてくれたので、興味をもって進めることができました。ピタゴラスイッチのような大きな装置を先生と一緒に作ったりもしました。また国語では、百人一首を覚えたり、高柳先生が授業で出てくる季節の植物をもってきてくれたのが印象的でした。 現在、赤門では既に数学と英語の先取り学習をしています。鈴木先生、石川先生は大学受験を見据えた先の目標に、いち早く取り組み指導してくださいます。 赤門は私の勉強に対するモチベーションを上げてくれる塾です。計画通りにすることが好きなので、宿題やテストで管理をしてくださる塾に感謝しています。私自身の夢に向かい頑張っていきたいと思います。
 

2018年合格実績

東京大学理科一類
東京大学文科三類
日本大学医学部   
獨協医科大学医学部
慶應義塾大学経済学部               
慶應義塾大学文学部  
早稲田大学政治経済学部
早稲田大学基幹理工学部
早稲田大学文学部               
早稲田大学社会学部
お茶の水女子大学文教育学部           
東北大学工学部
千葉大学国際教養学部
群馬大学理工学部               
山形大学農学部   
群馬県立女子大国際コミュニケーション学部
東京理科大学理工学部
東京理科大学理学部第一部
立教大学異文化コミュニケーション学部
明治大学経営学部
明治大学法学部
青山学院大学経済学部
立教大学社会学部
立教大学社会学部
法政大学社会学部
中央大学文学部
学習院大学国際社会科学部
津田塾大学学芸学部
津田塾大学学芸学部
津田塾大学学芸学部
高崎健康福祉大学薬学部   
東京薬科大学薬学部
東京薬科大学生命科学部
東京薬科大学薬学部
東京薬科大学薬学部
明治学院大学社会学部       
関西外国語大学外国語学部
関西外国語大学英語国際学部
龍谷大学文学部
明治学院大学社会学部
群馬パース大学保健科学部
東京女子大学現代教養学部               
日本大学経済学部
日本大学生産工学部
日本大学経済学部
日本大学生物資源学部
日本大学経済学部
東洋大学法学部
北里大学獣医学部動物資源科学科
獨協大学外国語学部
獨協大学国際教養学部
立正大学法学部
拓殖大学商学部
拓殖大学政経学部
拓殖大学商学部   
千葉工業大学工学部
工学院大学先進工学部

 
その他実績多数

2017年合格実績
医学部

東北大学医学部
新潟大学医学部
日本大学医学部
 
国公立大学
東京大学理科一類
一橋大学法学部
新潟大学農学部
信州大学人文学部
山梨大学生命環境学部
 

私立大学
慶應義塾大学商学部
早稲田大学法学部
早稲田大学文化構想学部
早稲田大学先進理工学部
上智大学文学部
都留文科大学文学部
同志社大学理工学部
明治大学法学部
 
その他実績多数